採用情報

採用コンセプトを「育成採用」と掲げ、就職活動に携わる中で、共に成長していきたいと願っています。
人事担当から心を開いて耳を傾け、アドバイスをするだけでなく、内定後の様々な取り組みを通して人間関係を築き、人間的にも能力的にも大きく成長できるプログラムを組んでいます。
安心していただけるように誠実に対応します。 人事担当 大竹優(おおたけ まさる)

お知らせ

求める人材像

社是「忘己利他」(もうこりた)の具体的実践として、
4つをお願いしています。

  • 笑顔
  • 思いやり
  • 素直さ
  • 積極性
笑顔
「笑顔」は接客の基本でもあり、一緒に働いている仲間も気持ちよくなります。面接では特に笑顔を重視しています。
思いやり
「思いやり」をもって相手の立場に立って考えることを大切にしています。お客様の立場・一緒に働いている仲間の立場に立って物事を見ていくことを求めています。
素直さ
「素直さ」は純粋なこころから出てきます。お客様に喜んで頂きたいと心から思って仕事をできる仲間に来て頂きたいと思っています。
積極性
「積極性」は行動を伴います。「笑顔」「思いやり」「素直さ」を積極的に活かして、お客様や同僚に対して具体的に実践できる方を求めています。

採用フロー(新卒)

※キャリア採用希望の方は募集要項確認後エントリーをお願いいたします。

合同説明会 合同説明会
業界の傾向、利他グループ概要・業績、職種内容等についてご説明します。
会社説明会 会社説明会
実際の職場を見学してその雰囲気を体感して頂きます。
書類選考 SPI・Web受験 書類選考 SPI・Web受験
お互いのミスマッチを防ぐために、多角的な選考を行っています。
一次面接 一次面接
所属長、人事担当との面談を行います。
最終面接(役員・所属長) 最終面接(役員・所属長)
面接の最大のポイントは、「笑顔で相手に感じ良く話せること」、お客様相手の私達の仕事で一番大切なことです。
内定 内定
内定後は「内定者事業所見学会」「内定式」「食事会」を行います。
  • 募集要項
  • エントリーはこちらから

充実の内定後の取り組み

  • 内定者懇親会 内定者同士・人事担当との懇親を深める目的で実施しています。
  • 研修教材によるレポート提出(月1回・全5回) 主に社会人としての考え方を学習します。
  • 全社員研修・経営方針発表会オブザーブ グループ会社の一員として参加します。
  • 内定者事業所見学会 グループ会社の施設や近隣の観光地を巡ります。
  • 保護者試泊 内定者の保護者の方に安心していただけるように招待します。
  • 内定式
  • 食事会
  • 研修教材修了勉強会

内定後は親交を深める企画や、研修を通じていち早く学んでいただきながら社会人として活躍できるよう支援を行います。
また、家族の方を湯元舘に招待し宿泊いただき、安心して自身が働く会社を見ていただきます。
入社後も研修等を通じて仕事についてのサポートを行います。
ご不明な点はお気軽に、人事担当にお問合せください。

2016年 内定者行事

2016年9月21日(水)事業所見学会

滋賀県が誇る世界遺産「延暦寺」を見学してから、ロープーウェイ、ケーブル カーを乗り継いで京都“八坂ゆとね”の見学に行きました。見学後は京都観光と 盛りだくさんの一日でした。

2016年10月1日(土)内定式・食事会

役員全員出席の下、内定式を行いました。式後は和気あいあいとした雰囲気の中、 館内で食事会を行いました。

先輩社員のインタビュー

  • 2016年入社接客部
  • 2015年入社客室部
  • 2014年入社客室部
  • 2014年入社調理部
  • 2013年入社葭蘆葦

先輩社員インタビュー1 働くことで得た責任感と主体性 2016年入社 接客部フロント担当 松井 慧(まつい けい)

アルバイトとバレーに力を入れた学生時代

高校時代にバレー部に所属をしていたこともあり、大学に進学してもバレーをやりたいと思っていました。大学のサークルも考えましたが、どうせやるならと思い地元の大阪で声をかけてバレーチームを結成しました。
中学時代の友人にも声をかけ、集まった仲間からは「こうしてみんなとバレーできる場所があって嬉しい」という声もあり幸せな気持ちになったことを覚えています。

また、アルバイトにも力を入れていて高校3年生からスタートしていたアルバイトはフードコート内にあるうどん屋さん。大学時代は地元のコンビニでアルバイトをしていました。
今思えば、接客という仕事はアルバイトを通じて体感することができました。だからこそ今の仕事にやりがいを持てているのかもしれません。

自分が一番イメージできる仕事
最初は幅広く色んな業界や業種を見ていました。説明会に行って、自分が働くイメージをしたときに「接客」をする自分が一番イメージできました。
周りは、明確な将来像を描いている中、焦ったり悩んだりすることもありました。
ただ、自分のやりたいと思う仕事にしようと決めて就職活動を継続していきました。
10年以上前の記憶で選んだ「湯元舘」

採用情報を探している際に見つけた「湯元舘」という企業名。この名前知っている。と古い記憶を辿りました。それは、10年以上前に祖父母と一緒に宿泊をしたという記憶でした。
祖父母は湯元舘が好きで、一緒に宿泊したことを思い出しました。そういえば、すごく楽しそうにスタッフの方とお喋りしていたなと思い返し、説明会に行くことを決めました。

これまではお客様という立場でしか見たことのなかった湯元舘。
説明会で話を聞いた際に驚いたのはおもてなしのための心遣いでした。
ロビーの椅子の角度やお客様の目に届くところにごみがないか等、当たり前のおもてなしの裏側に企業努力があったことを知り非常に好感を持ったことを覚えています。
また、お客様に見えない部分も整理整頓されており、お客様からの要望や備品の出し入れがスムーズに行える工夫も感じました。他にも、わざわざ最寄り駅まで送迎していただき、声もかけてもらい、社員の方の心遣いにも触れました。説明会後には湯元舘で働きたいと思い、選考を進めることを決めました。

仕事の中で感じた責任感と主体性の重要さ
現在は接客部のフロント係でお客様のご予約の対応や、お迎え・お見送り等を行っています。
アルバイト時代とは異なり、責任感の重さを強く感じるようになりました。
分からないことは先輩にしつこいくらい聞くことを意識しています。特に報告・連絡・相談を徹底し、お客様の情報を共有しています。
マニュアルはありますが、自分で判断をしなければいけないことも多く、主体性を持って考える習慣を働きながらより考えるようになりました。
「あなたのおすすめしてくれた場所、良かったわ」

お客様からいただいた言葉で嬉しい言葉がありました。
女性のお客様が1人で初めて滋賀県へ旅行に来られました。送迎の際もご一緒だったので、お話を伺い、その中で自分なりに考えたおすすめの観光場所をお伝えしました。

後日お客様がお帰りの際に、「あなたのおすすめしてくれた場所、良かったわ」というお言葉をいただきました。その時に、この仕事の価値ともっと視野を広げて仕事をしていきたいと強く思いました。

自分で責任を果たせる存在へ

今は上司や先輩からの指示を仰ぐ立場です。将来的には自分自身でも、一緒に考えお客様が喜ぶ方法を伝えられる存在になりたいです。
今よりも更に責任感を持って、自分で責任を果たせる存在へと成長をしていきたいです。

職場の空気は相談もしやすく、先輩たちから学ぶことも多いです。
怒られることもありますが、納得ができる叱り方なので、二度と起こさないよう前向きに努力ができる環境です。
これから一緒に働く仲間も増えてくると思います。自分自身もですが、メリハリをつけ目の前の仕事に全力で取り組める人と一緒に働きたいですね。
湯元舘を一緒に盛り上げてくれる仲間と、楽しみながら本気で働けることを楽しみにしています。

先輩社員インタビュー2 お客様の笑顔が仕事の原動力 2015年入社 客室部サービススタッフ 宇多 咲月(うだ さつき)

現在はどんな仕事をしていますか?
湯元舘のサービススタッフとして、来館されるお客様のチェックインからチェックアウトまでをサポートしております。
お部屋へのご案内から、館内やお料理のご説明など業務内容は多岐に渡ります。
来館されたお客様が、お帰りの際に笑顔で帰っていただける姿を見ると幸せな気持ちになります。
目的や、趣味嗜好はお客様によって異なるので、どうすれば喜んでいただけるかを意識しながら仕事に取り組んでいます。
どうして湯元舘で働くことを決めましたか?
正直最初は漠然としていました。高校3年生のときに求人票を見ながら、「TVの中でも良く出てくるホテルや旅館の仕事って楽しそう!」って思いました。
後は、お客様へのおもてなしを自分で考えて実践できたら楽しいだろうなって。
そして、会社見学へ参加することを決めたんです。
驚いたサービス対応や設備

実際に初めて湯元舘に見学に行ったときには驚きました。まずはサービスの対応に感動したんです。お客様と同じように私たちと対応してくれて、嬉しかったことを覚えています。
あとは、ローラーコンベアがあることも衝撃的でした。旅館の中にこんな設備があるんだって。笑

話を聞いた社員さんの雰囲気も良く、寮が近くにあったことも魅力的でした。
自立をしたいという思いもあったので入社を決めました。

入社して感じたこと

正直最初は右も左も分かりませんでした。それでも、先輩が丁寧に仕事を教えてくれて少しずつ自信もついていきました。
ミスが重なって、自分だけの責任じゃないことまで叱られたときに落ち込み、悔しい思いもしました。
ただ、同時に「この言葉にはどんな意味があるか?」と相手の立場に立って物事を考えたときに、自分自身が改める点や、納得できる点も見つかりました。
それでも消化しきれないことは仲の良い同期や部署の人に話を聞いてもらっています。笑

従業員同士は仲が良く、寮で近いこともありいろんな相談ができます。休みの日に先輩と遊びに行ったり、毎年バーベキューを企画して楽しんだりと、良い雰囲気の中で仕事ができています。

お客様の目から喜びの涙が

先日、ご両親のお祝いをするために娘さんと娘夫婦が来館されました。
部屋にはお祝いするためのサプライズがぎっしり。
コースターやコップにご両親のお写真が貼られ、本当に素敵な空間でした。
そんな中、娘さんたちから「これから両親の孫とひ孫が14名くらいくるんですが・・」とご相談。

現在のお部屋だと手狭になってしまう。
急きょ隣のお部屋を少しだけ繋げて使用できないかと掛け合いました。
許可をいただき、少し広くなったお部屋には、お孫さんたちがずらりとお祝いにかけつけてくれました。
その姿を見たときに、お客様の目から涙が。
こうして喜んでいただける瞬間が何よりもやりがいですし、幸せを感じる瞬間です。

これからチャレンジしたいこと
現在はサービススタッフとして仕事をしていますが、フロントでの業務や裏方の仕事も体験してみたいです。そうすることで、これまでとは違った視点で新しいサービスを提供できると思っています。
また、200名近くの団体を取りまとめたりする先輩もいるので、尊敬できる先輩から多くのことを学んで、私もいつか100名以上の団体の皆さんに楽しんでもらえるようなサービスを提供できるようになりたいです。
そのためには、今の日々の仕事をしっかりと意識高く実践していきたいですね。
未来の仲間へ向けて
相手の立場に立って、笑顔になれる人とぜひ一緒に働きたいです。
思わず笑顔になれる環境や人も湯元舘にはありますが、一緒に笑顔になれる。
そんな仲間と一緒に働けると嬉しいです。

先輩社員インタビュー3 笑顔でお客様の笑顔を引き出す 2014年入社 客室部サービススタッフ 堀井 陽和(ほりい ひより)

少し迷った就職活動
高校時代は陸上部に所属していて200メートル、400メートルと短距離選手でした。
まぁまぁ足は速いですよ。笑
就職を考えたときに私の周りは「美容」や「モノづくり」に関わる仕事に就きたいという人が多かったです。実際私も美容系の業界には興味がありました。
漠然と接客って楽しそうだなという印象はありましたが、アルバイトの経験もなかったので悩みました。
そんな時に湯元舘の職場見学があると聞いたので、まずは実際に見てみようと思い参加しました。
楽しそうに働く社員さんを見て
最初に印象に残っているのはフロントの綺麗さでした。
館内の設備を案内してもらっているときに、説明してくれている社員さんが楽しそうに話をしていたことが印象的でした。
また、職場には同じ学校の先輩もいたので、お話を聞くことができ安心できた点も大きかったです。
人間関係も良さそうだったので、湯元舘で働いてみたいと思い入社を決めました。
右も左も分からない入社後

入社して現在のサービススタッフの仕事を始めて、最初は辛いことも多かったです。
どうすればお客様が喜んでくれるか?先輩に教えてもらいながら、がむしゃらに業務に取り組んでいたように思います。

そんな中お客様からお叱りの言葉をいただく機会がありました。
先輩にフォローいただき、その場は収まりましたが「どうしよう・・」と不安な気持ちになりました。
その時に、「自信がなくても小声で話さない」「笑顔で接する」という点を意識しようと思いました。
翌朝、そのお客様に対して笑顔で接することができ、お帰りの際にはお客様も笑顔を向けてくれました。

笑顔がお客様を笑顔にする

笑顔を普段から意識することで、お客様に喜んでいただける機会が増えました。
実際にご利用されたお客様からいただくアンケートに「笑顔が良かったです」と私の名前も書いていただくことがありました。
「丁寧にサービスをしてくれてありがとうございます」といった言葉は、本当に嬉しいですしやりがいに繋がります。

湯元舘がお客様に良い評価をいただけることは誇りになります。
だからこそ、少しでも喜んでいただけるように笑顔で接していくことを忘れずに心掛けていきたいです。

視野を広く持って仕事に取り組む
来館されるお客様は様々です。個人のお客様もいらっしゃれば団体のお客様もおられます。
求められるニーズも変わってくるので、どうすれば喜んでもらえるか?という意識を今よりももっと持って仕事に取り組みたいですね。
自分の気持ちに余裕を持ちながら、一人一人のお客様に対して丁寧に接していけるよう、自分の視野を広く持っていきたいです。
未来への仲間へ向けて

入社直後、お客様とは当り障りないコミュニケーションしか取れなかったように思います。
それでも働く中で、特にお客様と話す話題の引き出しが増えていきました。
滋賀県外の知識や、実際に自分が行った場所の感想もお伝えできるようになりました。
できなかったことができるようになったことは自信に繋がります。

接客での仕事が初めてという人でも、明るく前向きな気持ちや、人と接することが好きという気持ちがあれば大丈夫だと思います。一緒に働けることを楽しみにしています。

先輩社員インタビュー4 自分を成長させてくれる環境がある 2014年入社 調理部 下村 優貴(しもむら ゆうき)

きっかけは小学校の調理実習
中学時代から調理の仕事に就くと自分の中で決めていました。
調理へ興味を持ったきっかけは小学6年生の調理実習でした。魚屋さんが来て、魚を目の前でさばいてくれました。そして、自分自身でも魚をさばく経験をして純粋に面白い!と思えたことがきっかけです。
そのあと、中学時代も家で調理をするようになりました。そこから、将来は調理の仕事に就きたいと思いました。
鹿児島県から滋賀県へ
実は高校は調理の学校には進みませんでした。将来的に独立したいという思いもあったので、簿記や情報処理を学校で学びました。なので、高校時代は学業に専念したことを覚えています。
調理に興味を持ってから、京都で働きたいと思っていました。
和食に興味があり、和食といえば京都。という印象が強かったです。なので、就職活動中は京料理を扱っている求人をチェックしていました。すると、京料理を扱う求人の中に湯元舘がありました。
HPで料理のページを見た際に、素直に「すごいな」と思いました。
そこから、鹿児島から滋賀へ単身で面接に向かいました。
実際に訪れて感じた空気感

足を運んで感じたのは「落ち着く」という感情でした。
壁の色や、照明からも落ち着く雰囲気を感じさせてくれました。
また、調理場も広く、働きたいという気持ちも強くなりました。

ただ、入社を決めた一番の理由は、人の良さです。
面接では社長、調理長、フロント支配人、人事の大竹さんが面接を担当してくれました。
その時の人柄が良く、ここでなら成長しながら働くことができると思い、入社を決めました。

自分の努力次第で任せてもらえる領域が増える
湯元舘に来て、3年目になりますが現在は魚の調理を担当しています。
入社すぐは盛り付けを担当していました。その後、盛り付けを任せられるようになると、盛り付けの工程を管理し、全体の方針を決める役割を担っていました。
どうすれば効率よく、お客様が満足していただける盛り付けを提供できるか?
そのことを考えながら仕事に取り組んでいました。
まだまだ経験は浅いかもしれませんが、努力次第で任せてもらえる領域が増えていく実感はあります。
今後は火を扱う仕事を任せてもらえるように、現在も勉強中です。
やりがいは「成長の実感」
自分ができなかったことができるようなることは嬉しいですね。
包丁の技術もそうですが、調理全体のレベルが上がっていることを実感できます。
一緒に働く先輩からも声をかけてもらうこともありますし、まだまだ学びたいことは多いです。
湯元舘はなれ葭蘆葦には、お客様の対面で調理をして、食事を提供します。
自分自身はまだその担当ではないですが、お客様の反応を目の前で見ることができる葭蘆葦の調理担当になることも近い未来の目標です。
湯元舘で働くことで学んだこと

一言では言えないくらいたくさんのことを学んでいると思います。
後輩の育成では、優しくするのか厳しくするのかの加減が難しく悩んだこともありました。今はバランスを取りながら、お互い学ぶ姿勢を持って取り組んでいます。

仕事をする中で意識していることは「自分を知る」ということです。
自分自身が今どこまで何ができるか?を知っていないといけないと思っています。
自分の現在地が理解できれば、今足りていないこと、これからやるべきことが見えてくるからです。
また、働く中で感じたのは「誠実であること」が大切だという点です。
調理の世界はごまかすことができません。一度誤った選択を調理の中でしてしまうと、完成とは程遠い料理へと繋がってしまいます。
だからこそ、誠意を持って調理と向き合う。そうした意識を持った人と一緒に働きたいと思います。

先輩社員インタビュー5 周りが認めてくれる環境があります 2013年入社 サービススタッフ主任 はなれ葭蘆葦(かろい)担当 中井 美有(なかい みゆ)

現在はどんな仕事をしていますか?
現在はサービススタッフとして、湯元舘はなれ 葭蘆葦(かろい)にて働いています。
宿泊されるお客様のチェックインからチェックアウトまでのサポートをしています。
葭蘆葦では、接客サービスだけでなくフロント業務も実施するので、お客様が多い際は広い視野を持って仕事に臨まなければいけません。
主任としての責任感を感じるところはありますか?
はい。ありますね。目の前のお客様はもちろんですが、他のスタッフが困っていないかと視野を広げて物事を見ていく必要があります。
責任感はもちろんありますが、その分やりがいも大きいです。
現在4年目ですが、年齢に関係なく認めてもらっていることも自信につながっています。
どうして湯元舘で働くことを決めましたか?

元々接客には興味がありました。学生時代はゴルフ場やうどん屋さんでアルバイトをした経験もありましたので。
ただ、就職については最初福祉系に興味を持っていました。実際ボランティアに参加し、福祉の仕事も体験しました。ただ、アルバイトで接客の経験もあったので接客の仕事も見てみようと思い、湯元舘に見学に行きました。

見学に行った際に、最初に思ったことは「すごい」という一言でした。
館内の施設も綺麗でしたし、何よりスタッフの方の対応がとても丁寧だったことを覚えています。
お客様をお迎えする際の、立ち方ひとつでもこんなに印象が変わるのだと感じました。

寮があった点も大きかったですが、最終的に湯元舘への入社を決めました。

入社して感じたこと
一番感じた点は若いスタッフが多い点でしたね。自分と年齢の近い人と一緒に働けることはとても安心しました。
実際に職場での仲は良いですし、部署内だけではなく他のスタッフのみなさんとも連携することも多いので人間関係は良いと個人的に思います。
「やっぱりみゆちゃんじゃないと」

入社3か月後に、はなれ葭蘆葦の担当になりました。
同じ時間にお客様が集中した際に、質を落とすことなくサービスを提供する難しさを感じました。
その中でお客様から嬉しい言葉をいただいた経験があります。

常連のお客様がお帰りの際に、「やっぱりみゆちゃんじゃないと」とおっしゃっていただいたことが本当に嬉しかったです。お客様の笑顔ももちろんですが、名前を憶えていただき、感謝の言葉をいただいたことに感激しました。

仕事のやりがいとメモで溢れたノート

葭蘆葦では常連のお客様も多く、サービスを提供する中で様々なことをお話しいただきます。
その都度できるだけメモを取るように心掛け、この後どこに観光に行かれるか?等を記憶しておき、次回来館された際にお声かけをするようにしています。

そうしたお声かけをすることで、お客様の表情がぱぁっと明るくなりこちらまで幸せな気持ちになります。「ここにくると安心する」といったお言葉や感謝のお手紙をいただく度に、この仕事をしていて良かったと思えます。

もちろんお叱りを受けることもあります。
主任という立場上、自分だけの仕事領域ではなく、他のスタッフがよりよく働けるように全体を見ていく必要もあります。まだまだ自分自身が乗り越えていかなければいけない課題もあります。

これからチャレンジしたいこと
お客様にもっと信頼される人になりたいです。大人数の団体のお客様や、VIPのお客様に対応できるよう成長していきたいです。尊敬できる先輩もいるので、学んで今よりもより高いサービスを提供していいたいです。
未来への仲間へ向けて
湯元舘は年齢もバラバラですが、みんなが仲良しでいい人が多いと思います。
また、年齢関係なく、努力すれば認めてもらえる環境もあると思っています。
だからこそ、主体性を持って行動し、周りを見ることができる人と一緒に楽しく働きたいですね。
  • 募集要項
  • エントリーはこちらから

ページトップ